仏(ほとけ)と言われる私のエッセイ

テーマはバラバラですが、ちょっとしたことを私なりに掘り下げて書いています。喜怒哀楽のある豊かな今後に向けて想いを綴りました。最初は音楽紹介から入りましたが、少しづつ変化してきたのでブログタイトルも変更します。

お金がなくてもこのパターンオーダーシャツは買っておきたい ースキルタのすすめー

f:id:Akurate:20150617223908j:plain

 

時々私のオススメアイテムを紹介しているが、今回は愛用のパターンオーダーシャツについて触れておきたい。

 
私は身長は180cmで体重は66kgの比較的細型の体型だが、とにかく手が長く、市販のシャツでは腕の長さが足りない。だからこれまでほとんどのビジネスシャツをパターンオーダーで作ってきた。独身貴族の頃は伊勢丹のパターンオーダーコーナーで毎月2枚程作っていた事もあり、生地を選ぶところから、仕様についてお店の人にアドバイスを聞き、1枚1枚自分仕様に作る事を楽しんでいた。
 
しかしながら、ときは変われば事情も変わり、今ではなるべくコストをかけずに自分の好きな色や形のものを調達する必要があり、いろんなお店での購入経験を経て今のところ辿りついたのがこのスキルタというネットショップだ。
 
私は、特に衣類について、最も大事な事はサイズが合っているかどうかという事だと思っている。このスキルタでは基本となるサイズを、縫製の仕様によって、首回り、肩回り、胸回り、胴回り袖丈などで細かくカスタマイズできる。人の感性は非常に敏感だから一度ジャストサイズのシャツを着ると必ず違いがわかるので是非試してほしい。
 
市販品を着ている人にありがちなのは、胴回りがだぶついてズボンとの境でだらしなく、くしゃくしゃになっていたり、腕が細いのにシャツの腕回りが太く、これまただぶついていたりするパターンだ。スーツならある程度はごまかせるが、シャツはごまかせないのだ。特に長袖シャツは。
 
また、今時の市販品は生地や縫製の仕様も多彩で、目立つほどに目を引くものが多く、パターンオーダーだと有料オプションとなるような仕様のものが混ざっていて、見た目にうるさいものばかり。いい加減中年男性にもなれば、もうそんな安易なチョイスに走るのではなく、オシャレはジャストフィットにさりげなくでいこうではないか。
 
なんでもあり、コテコテのビジネスシャツの典型例

f:id:Akurate:20150617095923j:plainf:id:Akurate:20150617221612j:plain

二重襟とか、ボタンホールのオプションとかなんでもありで品がない。

 
スキルタの良さ
 

【細かいサイズ調整】

パターンオーダーなので勿論定型はある。だが、以下のように細かく微調整が可能なので、体型別によりジャストフィットを実現できる。

f:id:Akurate:20150617222714p:plain

 
袖スリムというものあり、これもよさを実感できるサービスだ。二の腕あたりから細くしてくれるもので、筋肉隆々な人なら必要ないが、きゃしゃな人ならこの仕様は必須だと思う。
 

f:id:Akurate:20150617222730p:plain

 
【生地も豊富】
 
ここはパターンオーダーで最も難しいポイントかもしれない。なにせ生地そのもののデザインはわかったとしても、実際にシャツに仕立てたときと印象が全然違うものがあるからだ。生地そのものから仕上がった製品をイメージしずらいのだ。よって最初は白無地やライトブルーで素材感のあるものをチョイスするのがベストだろう。
なお、生地サンプルもいくつかまでは手配できるが、写真だけで生地の風合いや、透け感(特に白系はこれが重要)まできちんと画像で判別できるので、私はいちいちもらっていない。
また、生地の材料構成別にソートできるため、デザインは良かったがポリエステルが入っているからダメだった、などと落胆する事がない。ちなみに材料を意識しない人も多いと思うが、汗っかきで暑がりな人などはできるだけ綿素材のものを選んでおいたほうがよい。ポリエステル、ナイロン、ウレタンなど化成品材料の構成が高いものは熱が外に逃げず、かつ汗を生地が吸収しないのでべたつき感が半端でないからだ。下着にドライ素材のものを着ていても腕回りに熱がこもり不快指数は結構高いのだ。
 
【豊富なオプション】
 
コテコテの仕様はオススメできないが、一般的なオプション類は全て用意されている。ちなみにダブルカフスは少しエレガントな感じがして、つい手を出しがちだが、カフスボタンにセンスが問われるし、何よりクリーニングをする際は、通常料金の倍程度取られる事が珍しくないから普通のサラリーマンにはランニングコストがかかり過ぎる。
またクレリックなども今では既製品で一般的になったが、ちょっと濃いめのライトブルー系のシャツに襟だけ真っ白のものをただ着ても、むしろチープな印象しかないし、今ひとつ着こなしが難しい。よってオプション類は安易に手を出さず、わかる人にわかってもらえれば良いというスタンスで、あくまでさりげなく追加するのが良いと思う。
 
【価格】
 
高いか安いかは個人差があるが、平均すると5000円から7000円程度だ。(オプション無し) 一般の既製品との比較だと1.5倍はくだらないが、私的には満足している。
 
ちなみにリードタイムは約2週間、パターンオーダーでは一般的なリードタイムだと思う。
 
縫製等の品質面に関しては、私は技術的なことはよくわからないが、これまで10枚以上オーダーして何か問題があったことは一度もない。
 
以上長々と主観を記載してきたが、コストはあまりかけず、フィット感が高く、上質の素材を自分の好きなスタイルで着る。既製品のような派手さには目を向けず、シンプルにさりげなく主張するのが格好いいと思わないだろうか?