仏(ほとけ)と言われる私のエッセイ

テーマはバラバラですが、ちょっとしたことを私なりに掘り下げて書いています。喜怒哀楽のある豊かな今後に向けて想いを綴りました。最初は音楽紹介から入りましたが、少しづつ変化してきたのでブログタイトルも変更します。

耐久性の高い革靴を買おう ースコッチグレインの耐久性についてー


f:id:Akurate:20160107073548j:image
 

前回は、購入後約1年間の使用感と、その時の所感をまとめて、スコッチグレインのコストパフォーマンスがいかに高いかということを記事にしました。

あれからさらに約1年がたち、メインの靴として使用した結果、今どのような状態かを画像を添えてご紹介したいと思います。

特に耐久性という観点では参考になると思いますので購入を検討されている方は目を通して頂けると幸いです。
  

使用頻度

基本的には二日に一回の使用です。連続で使用することはありません。黒とボルドーを交互に履くローテーションです。雨の日と休みは履きません。ざっくり言うと年間80日前後かと思います。
  

用途

基本ビジネス用です。通勤から外回りで都内を歩いています。一日に歩く歩数は平均すると7000歩程度です。歩かない日は3000歩程度、歩く日は15000歩程度です。 

 

使用環境

舗装路全般です。砂利道等非舗装路は殆ど歩きません。走ることもあまりありません。基本歩きです。また、通勤時の満員電車でしょっちゅう踏まれることもありません。
  

履き方

私は少し扁平足で巾は広いのですが、甲が低く、総じて胴回りが短いので、Eでも大き目になります。よって厚めのインソールを入れて調整しています。
  

手入れ

2~3ヶ月に一度は乳化性のクリームと、艶だし保護のポリッシュ系油性クリームで磨いていましす。日常はブラシで埃や簡単な汚れをとるだけです。履いたあとは、翌朝までそのままにして、翌朝に簡単な詰め物をしています。大袈裟なシューキーパーは使っていません。
 

購入後2年経過の状態

全体

爪先と踵に少し傷がありますが全体的にくたくたという感じではなく、まだまだ数年は使えそうです。爪先と甲の間の部分は、曲げ伸ばしがあるので使用感は出て来ています。手入れの頻度をあげたほうがよさそうな感じです。 

f:id:Akurate:20160107075657j:image 

f:id:Akurate:20160107075714j:image
 

それなりに磨耗しました。それでも2年使用してこの状態なので、かなり長持ちしていると思います。もう交換時期ですが・・・。
 
f:id:Akurate:20160107075801j:image

f:id:Akurate:20160107075824j:image
 

靴ひも

購入した時のものです。黒のウインクチップは紐の先端のテープが取れて少しだらしない感じではありますがそのまま使用しています。
 

アウトソール

多少は薄くなりましたが、まだまだソール交換する程ではありません。歩き方にもよると思いますが、特に偏磨耗もありません。
コバの痛みも特にありません。
 
f:id:Akurate:20160107080333j:image

f:id:Akurate:20160107080349j:image
 
画像は前日に綺麗に磨いたものですが、総じてくたくた感はなく、まだまだ長く使えそうで非常に満足しています。いずれもアウトレットで2万円代で購入したものですので、一般的なサラリーマンなら問題なく購入できる金額だと思います。是非一度試して見てください。
 
ただしサイズだけはきちんと合わせて購入してください。サイズの合わせ方等は前回の記事に記載していますので、合わせて覗いて見てください。